歯医者

さまざまな義歯の種類

歯科

義歯は、ただ単に口の形に合うものを作ればいいというものではありません。その人の口にしっかり装着できる義歯を作ったとしても、なんだか違和感が残り、噛み合わせに満足がいかないということはよくあります。
その場合の原因は主にふたつ。ひとつは、義歯に問題がある場合。これは単純に作り直しの必要があります。そしてもうひとつは、顎関節や粘膜など、口腔内に問題がある場合で歯科技工所で解決できます。

口腔内に問題があれば、その人に合った義歯を装着するだけでは問題は解決されません。そのため、口腔内の環境を正常に戻すための治療を行う必要があります。
歯科技工所で作る義歯には、顎関節などの異常を矯正することのできる義歯があります。
その仕組みは、まず矯正用の義歯を使用するというもの。顎関節、粘膜、あるいは咬合など、どの部分に異常があるのかを突き止め、そこを矯正できるようにデザインされた義歯を着用します。そうして矯正が終了してからきちんとした義歯を装着することで、よい噛み合わせを取り戻すことができます。

歯科技工所で作れる義歯には、ほかにも種類があります。
たとえば、インプラントの技術を応用した義歯があります。インプラントはチタン製の部品を歯茎へ埋め込んで骨と結合させ、人工歯に高い安定性を持たせる技術。治療効果は非常に高いですが、上顎や下顎、すべての歯をインプラントにするとなると莫大な費用がかかります。
そこで、二点だけインプラントで固定し、その上から義歯を固定するという方法を取ることができます。こうすることで費用を抑えつつ安定性の非常に高い義歯にすることができるので、気になる人は歯科技工所へ相談してみるとよいでしょう。