歯医者

違和感のない義歯

歯科

なんらかの事故や病気などにより、歯が欠損してしまうことがあります。歯が欠損したままでは食べるという行為に支障が出てしまい、栄養バランスが崩れてしまうばかりか、噛み合わせが悪くなって体全身の力が弱くなって健康にも影響が出てきます。そのため、なんらかの治療をほどこして隙間を埋める必要があります。
欠損した歯をカバーする治療として最も選択されているのは、入れ歯です。入れ歯は保険も効きますし、作成も患者にとっては比較的楽で着脱が可能というところも便利さがあります。しかし、あるアンケートによると、実に九割の入れ歯使用者が「口に違和感がある」「噛み合わせがよくない」といった不満を抱えているといいます。

入れ歯は、入れ歯の素材や入れ歯を作る歯科医院の環境なども大切ですが、どうしても入れ歯が合わないと感じるのであれば歯科技工所へ依頼することができます。
歯科技工所は一人ひとりに合わせた入れ歯つくりを専門的に行っている業者で、優良な企業であれば、歯科医院で作るよりも噛み合わせのいい、違和感のない義歯を作ることができます。

よい義歯の条件は数ありますが、ここでは3つを紹介します。
ひとつは、違和感が少ないこと。義歯という存在である以上、絶対に違和感がないということは無理ですが、着けていればなんとなく気にならなくなる程度にまで違和感をなくすことは可能です。
ひとつは、痛みがないこと。違和感が多少残ってしまうのは仕方がないにしても、着けるときや外すとき、あるいは食事のときに痛みが出てしまっては日常生活に支障が出ていると言えます。
最後は、噛み合わせがいいことです。違和感が少なく、痛みがなかったとしても、奥歯がしっかり噛みあわなければ十分な力を出せませんし、固いものを食べることができません。噛み合わせがよければ食事がとても楽しくなりますし、口腔内をはじめ全身の健康にもよい影響を与えます。
よい歯科技工所では、これまでの義歯の常識では考えられないほどつけ心地のいい義歯を作ってもらうことも可能です。ウェブサイトをチェックして実績を確認するなどして、よい歯科技工所を探してみましょう。